「うつ状態」と診断されて - 改めて考えたこと - suVeneのアレ

「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと

プライベートなことはあまり書かないようにしているのだが、思うところあって少し書き記しておこうと思った。

早速本題だが、最近仕事に行っていない。行けていないというべきか。
無断欠勤ではないが、さすがに1週間近くも個人的な判断で休むのは、社会的にも迷惑だろうから、かたちの上だけでも心療内科に行っておく必要があると判断したからだ。(もちろん、同じプロジェクトに関わる人たちへの、より直接的な迷惑をかけていることは承知している)

個人的に、「うつ状態」が何たるかという知識には乏しい。なので、自分が「うつ状態」であるという認識はなかった。医者から「結構深いうつ状態ですね」と言われて、初めて「あぁ、そうなんだ」と認識した。確かに、症状だけ見れば、「社会的な役割を放棄している」「無気力」その他諸々、を鑑みるとそのとおりだなぁ、と改めて自覚する。

理由(原因)は自分でもよくわからない。そもそも、脳内物質との相関による仮説はともかくとして、<こころ>のほうは現代医学では解明されていない。あくまで「症状」として、「うつ状態」であるという診断がなされるだけだ。

他の一般的な人の自覚症状は知らないが、おれの場合において、何故、会社を休んでおきながら、自覚症状に乏しいのかという理由を考えてみた。それは、会社を休む前と現在と比べて、「自分が何ら変わりなく自分である」という意識が強かったからかもしれない。

普通、「何らかの身体的な病」にかかった場合、<それ以前>と<現在>においては、明らかに「以前の自分とは異なる」という自覚症状がある場合が多い。また、自覚症状はなくとも、何らか物的証拠が存在する。そしてそれは「身体的」な場合だけでなく、「精神的」なものにも当てはまると考えていた。例えば、「何か嫌なこと」があった場合、人はわかりやすいかたちで憂鬱な状態になったり、不安になったり、喪失感や焦燥感を覚えたりする。「何か嫌なこと」というのは、わかりやすいかたちの不運、愛する人を失うこと、環境の変化、などだ。

しかし、自分の場合はそうではなかった。

あまりにも、「以前」と「今」との間は、環境的にも、肉体的にも、心理的にも、あくまでフラットであり、そこに切れ目はなく、完璧なかたちで一貫性を保ってるように思えた。

今振り返ると、細かなところで矛盾というか、ほんの小さな差異があったように思う。唯一、「会社に行けるか行けないか」が大きく異なっており、分かりやすバロメーターだったのかもしれないが、個人的な価値観では「会社に通う」事の優先度がかなり低かったので、自己認識に至らなかったわけだ。

上記の時点で、社会人というか、一人の人間としてどうなの?と思うだろうし、おれも客観的にみると、それってどうなの?と思う。ただ、その話は一旦おいておいて、やはり自分の周りの人が、なんだかいつもと違うと感じた場合、「立ち入って聞くのは悪いかな」と思っても積極的に話を聞くために声をかけてあげるとか、あまりにも無理してそうな場合は休養を勧めるなどをしたほうがよい場合もあるのではないかと思う。

本人は「大丈夫だ。いつもと変わりない」と言い張っていても、それは酔っぱらいのおっさんが「まだ、酔ぉってませんー!」と言い張るのと同じような意味合いで、<以前>と<現在>との違いを認識していない可能性があるからだ。

これは、「おれがそうして欲しかった」というばかりの意味ではなく、おれ自身も周りの誰かがそのような状況にある場合、そうしようと考えたということだ。たとえ、それで迷惑がられたとしても、ほんとうにその人のことが心配ならば、そうしようと思う。

とはいうものの、よほど注意深く観察していなければわからないような差異であったり、注意深い観察ですら見抜けなかったりすることがあるのだが……

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. Kozo Nishida より:

    「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/UczAedR7

  2. [mental][health] / “「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ” http://t.co/4qitrQve

  3. Kousyou より:

    “「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ” http://t.co/B8zh9GE3

  4. 在華坊 より:

    “「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ” http://t.co/fjH07HHY

  5. hejihogu より:

    “「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ” http://t.co/mHDT4Ee2

  6. aochi より:

    “「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ” http://t.co/mHDT4Ee2

  7. 「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/pr3go1OG #bkuma

  8. kaede より:

    「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/zQxvTrRT

  9. 「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/PZXzxuqi

  10. 七神優 より:

    「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/q9XwXErv

  11. [メンタルヘルス][うつ]微小な変化の蓄積にはなかなか気付きにくい。もしかしたら、見識のある人が見たら幾つかのシグナルはあったのかもしれないが。 / “「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ” http://t.co/TSXa2LQt

  12. [メンタルヘルス][うつ]微小な変化の蓄積にはなかなか気付きにくい。もしかしたら、見識のある人が見たら幾つかのシグナルはあったのかもしれないが。 / “「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ” http://t.co/TSXa2LQt

  13. hatayan san より:

    「今振り返ると、細かなところで矛盾というか、ほんの小さな差異があったように思う。」 / “「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ” http://t.co/9Nj0Z7nJ

  14. RPM より:

    “「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ” http://t.co/5ReJx2Af

  15. hiroshi maqui より:

    なんか他のエントリーの前後読んでみると、まあ生々しい。。:「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/dh5I8Ban

  16. kumoi より:

    「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/iEn9oF65

  17. 「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/3YGO0k3r

  18. 秋丸 より:

    「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/3YGO0k3r

  19. hiroshi sano より:

    「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/3YGO0k3r

  20. ゆう より:

    「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/3YGO0k3r

  21. lakehill より:

    この人うつ状態になりそうな人に見えなかったけど、結局ネット情報だけじゃその人のことは判らないということかな 「うつ状態」と診断されて – 改めて考えたこと – suVeneのアレ http://t.co/9oKGxus3

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。