[書評]デキる人の手帳術 決定版 (知的生きかた文庫) - suVeneのアレ

[書評]デキる人の手帳術 決定版 (知的生きかた文庫)

デキる人の手帳術 決定版 (知的生きかた文庫)

蟹瀬 誠一 三笠書房 2010-10-21
売り上げランキング : 178775
by ヨメレバ

数年前から、スケジュールはデジタルで管理するのが便利なので「手帳」は使っていないのだが、それでもなぜかアナログの「手帳」を使いこなしたいという思いがずっとあって、なんだかんだと試行錯誤している。(まだ活用できていない)
そんな中でいくつか読んだうちの、一冊を紹介。

情報をコンパクトにせよ

最近の主流は「なんでもメモれ」だ。それも1冊に。しかし、かたや手帳にいたっては、そうではないというのがこの本の主張。つまり、溢れる情報のなかから「重要なキーワード」を拾い出し、手帳を自分だけの凝縮されたアイデアの宝庫にするということだ。自分専用ポケットリファレンスの作成である。

年間/月間/週間スケジュールの使い方

それぞれのフォーマットに関する利用方法、目的について解説。要約すれば、年間予定表は「成長記録」として。月間予定表は「一目で予定がわかる」工夫を。週間予定表は「予定+一言」がカギということらしい。

ビジネス書のベストセラー作家7名の特別コラム

実は、この本自体の主張よりも、ショートコラムのほうがアクセントがあっておもしろい。Amazon からそれぞれの著者を引用してみよう。

◇本田直之(『レバレッジ・リーディング』著者)
……セルフマネジメント手帳術
◇古市幸雄(『「1日30分」を続けなさい!』著者)
……目標達成のための手帳の作り方
◇久恒啓一(『図で考える人は仕事ができる』著者)
……できる人の4週間スケジュール帳
◇和田裕美(『人に好かれる話し方』著者)
……売上アップの営業手帳術
◇石渡美奈(『社長が変われば会社は変わる!』著者)
……「手帳に書く」のが楽しくなる秘訣
◇土井英司(『「伝説の社員」になれ!』著者)
……アイデアマンのメモの極意
◇吉越浩一郎(『デッドライン仕事術』著者)
……デッドライン仕事術の実践テクニック

それぞれの、「タイムマネジメント」「手帳へのこだわり」が凝縮されていて参考になる。

まとめ

「手帳術」としては、ありふれている内容である。手帳を使う目的というより、技術的なコツが重点的な内容だ。(まぁ、タイトルも「術」だし)
ただ、サンプルとして手帳のコピーがいくつか載っているので、あまり人の手帳を覗く機会がないので、参考になる。あとは、本文にも書いたが、特別コラムがあるだけでも、買う価値はあったかも。文庫タイプで、500円ほどだったので。

リンク

デキる人の手帳術 決定版 (知的生きかた文庫)

蟹瀬 誠一 三笠書房 2010-10-21
売り上げランキング : 178775
by ヨメレバ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. suVene より:

    “[書評]デキる人の手帳術 決定版 (知的生きかた文庫) – suVeneのアレ” http://t.co/y1GmL8tI

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。