PlaggerとSubscription・CustomFeedの概要 - suVeneのアレ

PlaggerとSubscription・CustomFeedの概要

Perl の勉強がてら Plagger のソースを読んでみた。
ソース張っつけてごちゃごちゃ書くのもあれなので、大体の流れを絵にしてみた。

CustomFeed編.jpg

昨日、Plagger について何となく説明してみたけど、Pluginといっても大まかに分類がある。
簡単に言うと入力系、加工系、フィルタ系、出力系(通知系)があり、この図は主に入力系の話。

Plugin の作り方は、自分の register ってメソッドで、$context(plaggerのインスタンス)
register_hook に対して、エントリーポイントとコールバックをフックする。

入力系の簡単な流れは、subscription.load で、基礎となるデータを持ってきて、customfeed.handle でリンクされる詳細データを加工したりする。
図の例では、subscription.load にフックしているけれども、簡単なデータの取得ならば、customfeed.handle にフックして、基礎データは Subscription::Config て既存のプラグインに持ってきてもらうのが楽チン。(coolbackfunc2のところを実装)

ソース読むまでは plugin 同士のデータのインターフェースはどうやって実装しているのか気になっていたんだけど、Plagger::Feed ってのがその役割を果たしているようだ。

フィルタリング、キャッシング、アウトプット系はまだ目を通してないのでよくわかんないので、また今度。

* 関連記事
suVeneのあれ: Plaggerとは何ぞや

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. suVene より:

    誰だかわからんがありがとうw 間違えてた!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。